Information Gap Buster 特定非営利活動法人

相模原市の障害者入所施設での事件について


 

7月26日(火)に、神奈川県相模原市にある知的障害者の入所施設「津久井やまゆり園」で、障害のあるひとたち19人が殺され、この他多くの方が怪我されるという大変いたたまれない事件が起きました。このような事件が起きてしまい、非常に残念なことと思います。ご家族にはお悔やみ申し上げますとともに、怪我をされた方々が一日でも早く回復されることをお祈りしております。

さて、容疑者は、抵抗できない人を中心に殺害に及んだそうです。

どんな人間でもかけがえのない命があるのに、それを一方的に奪うのは、全く許されるものではないと思います。この世はすべての人が等しく生きることができる世であって欲しいと願っています。

また、容疑者は「障害者はいなくなればいい」と話していたそうですが、この言葉自体が、事件の起こった背景や事情を踏まえず、一人歩きしているように思います。事件の真相の解明はこれからだと思うのですが、ネガティブな方向に受け止められて不安に思ったり、憤ったりしている方は少なくないように思います。

このような反響を引き起こすのは、事件を伝えるメディアが断片的に伝えていることにも一因があるように思います。また、メディアから情報を受け取る側も情報を収集し、適切な判断をする姿勢が求められているように思います。

容疑者は「優生思想」を持っているとか「障害者差別」しているとかいうように受け止められる方もかなりいらっしゃるようですが、現在判明している情報だけで判断するのはちょっと時期尚早な気がします。

本人が元々持っている素質・性格・傾向や精神疾患などが原因である可能性があるように感じています。また、容疑者のように極端な行動に出る人は極めて特殊なケースだと思いますが、背景には、施設の多くは人手不足や職員の待遇改善といった慢性的な問題や、知的障害者の入所施設固有の特殊な現場でのストレスの大きさに対するケアが十分でないといった問題など、事件の背景には様々な要因が複雑に絡み合っているものもあるように感じています。

そのような現状を踏まえつつ事件の解明を進め、二度とこのようなことが起こらないように、様々な関係者が手を取り合って、連携し合い、防止できる施策を打ち立てていただけるよう、切実に願っています。

 

NPO法人インフォメーションギャップバスター  理事長  伊藤 芳浩

 

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ