Information Gap Buster 特定非営利活動法人

【報告】専門分野における手話言語通訳のニーズ調査研究成果報告書を公開(筑波技術大学)


筑波技術大学は、厚生労働省「平成30年度障害者総合福祉推進事業」の委託を受け、「専門分野における手話言語通訳者の育成カリキュラムを検討するためのニーズ調査研究事業」を行い、NPOインフォメーションギャップバスター理事の吉田将明氏(研究協議会委員、医療分野部会委員)と藤木和子氏(司法分野部会委員)が調査研究に関わりました。

単年度調査として、医療分野、高等教育分野、司法分野における手話言語通訳のニーズを明らかにし、各分野で求められる知識・通訳技能の内容、到達基準、習得に必要な学習内容などの明確化を試みることが本事業の目的です。

関心のある方は、是非ともご覧ください。

▼専門分野における手話言語通訳のニーズ調査研究成果報告書を公開(筑波技術大学 Webサイト)
https://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2019032901.html

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ, 医療手話通訳

NPO法人インフォメーションギャップバスターの活動をお知らせするメールマガジンを月に1回の割合で発行しています。