Information Gap Buster 特定非営利活動法人

【会場変更】【イベントのお知らせ(7/28)】『家族をみんなでカンガエルー』イベント


 

『家族をみんなでカンガエルー』イベント

 

家族内のコミュニケーション問題に関心のある方ならどなたでも参加になれます。

目的:

● 学校、職場でのコミュニケーションバリアに先んじて存在する家族のコミュニケーションバリアの解消
「(出生した)家族内でのコミュニケーションバリアへの対応(親子間、兄弟姉妹間)」が個人の発達や人格形成、学校や職場でのコミュニケーションバリアへの対応、自分の家族を持った際の家族内のコミュニケーションバリアへの対応と影響している。

● 「成人の聞こえない人、ソーダ(※)、コーダ(※)」から「次世代の子ども、子育て中の親、祖父母、教師等の関係者」への体験と知恵の承継、そのための連携

※ソーダ:聞こえない兄弟姉妹を持つ聞こえる人
※コーダ:聞こえない親を持つ聞こえる人
日時:7月28日(日)14時~17時
場所:港勤労福祉会館 第一洋室(定員80名)★会場変更しました!
▼港勤労福祉会館
https://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html
参加費:1500円(家族ペアの場合は2000円)※当日申込は500円アップ
情報保障:手話通訳、字幕
事前申込先https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=1518144849687814&EventCode=P294440544

総合司会:藤木和子(IGB理事、聞こえないきょうだいをもつSODAソーダの会代表(弟に聴覚障害)、弁護士)
パネルディスカッション進行:伊藤芳浩(IGB理事長、会社員、聴覚障害当事者、聞こえる子どもの親の立場でもある)

パネラー
・南村洋子先生(聞こえる親の立場、聴覚障害児とともに歩む会トライアングル元教育部主任、ろう学校講師)
・小谷野依久さん(聴覚障害当事者、会社員)
・丸田健太郎さん(聞こえないきょうだいをもつSODAの立場、大学院生)
・村下佳秀さん(聞こえない親を持つ聞こえる子どもCODAの立場、J-CODA代表、社会福祉士)&ファミリー

テーマ
①学校、職場でのコミュニケーションバリアに先んじて存在する『家族のコミュニケーションバリアの解消』
②成人世代の聴覚障害当事者と家族の『体験と知恵の承継、そのための連携』

グループディスカッションの時間も取ります。

お問い合わせ先:IGB事務局:staff@infogapbuster.org

 

※7月28日午前に関連シンポジウム

7月28日午前は、「聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会2019(浜松町)」の2日目に下記の通り藤木が登壇予定です。IGB有志の方が個人的に参加、協力してくださっている「ソーダの会」の活動について発表します。全国から100名以上の参加者がある研修会です。

○パネルディスカッション

「家族の思いと願いに目を向けて」
ファシリテーター:森せい子(聴力障害者情報文化センター 施設長)
助言者:片倉和彦氏(双葉会診療所院長)
CODA~子の立場から:山本美代子氏(手話通訳士/行政設置通訳者)
SODA~姉弟の立場から:藤木和子氏(SODAの会代表/弁護士)
主催:社会福祉法人聴力障害者情報文化センター
後援:厚生労働省・東京都・全日本ろうあ連盟(予定)

http://www.jyoubun-center.or.jp/2019/04/3917/

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ, 家族問題研究

NPO法人インフォメーションギャップバスターの活動をお知らせするメールマガジンを月に1回の割合で発行しています。