Information Gap Buster 特定非営利活動法人

【寄附の御礼】手話による医療通訳育成・普及プロジェクト


日々の活動において、皆さまにはいつも大変お世話になっております。「手話による医療通訳育成・普及プロジェクト」担当の吉田です。

去年の12月から、オンライン寄付サイトのGive Oneによる寄附キャンペーン(Eファンドレイジング・チャレンジ)を実施しました。おかげさまで、計59人から計285,000円もののご支援をいただきました。また、本キャンペーンは、スポンサーazbilみつばち倶楽部の好意により、1.5倍の寄付金として贈呈されます。

想像を超える多くの方からの支援に、応援メッセージやシェアをいただき、とても驚いております。それと同時に、それだけの必要性があることを再認識する良い機会となりました。心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

2019年度の活動について少し報告いたします。2018年度は、国立大学法人筑波技術大学が厚生労働省の平成30年度障害者総合福祉推進事業指定課題11の『専門分野における手話言語通訳者の育成カリキュラムを検討するためのニーズ調査事業』の委託を受け、それに関わらせていただきました。それもあり、2019年度はその成果に関連したものが主でした。

厚労省事業の時を含め、各取り組みにおいて手話による医療通訳に対し、常に正と負の感情が内在しつつ、それらが葛藤していました。その中において、陰から支えてくださった方のおかげでやってこれました。それに対する感謝の気持ちを忘れず、今後も自分にできることを精一杯励んでいきたいと思います。

皆さまからいただいた寄附金は、今後のプロジェクトにおいて有効に活用できるよう、大切に使わせていただきます。また、通常の寄附キャンペーンは継続して取り組みます。

引き続き、ご支援、応援のほどよろしくお願いします。

▼聴覚障害者が安心して医療機関を受診できるようにしたい
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10608

▼連絡先:NPO法人インフォメーションギャップバスター 事務局
mail:staff@infogapbuster.org

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ, 医療手話通訳

NPO法人インフォメーションギャップバスターの活動をお知らせするメールマガジンを月に1回の割合で発行しています。