Information Gap Buster 特定非営利活動法人

11/12 電話リレーサービス普及シンポジウム(4)のお知らせ


「電話リレーサービス」ってご存知ですか?

「電話リレーサービス」とは、耳にハンディのある人の代わりにチャットを用いて電話をかける代理電話サービスです。 専門のオペレーターがご利用者様の用件をチャットでお伺いしたあと、代わりに相手先に電話をし、相手先の話を手またはチャットでご利用者様にお伝えします。このサービスは、耳にハンディのある人の生活の質を向上するにはなくてはならない存在です。

2015年度は東京、名古屋、神戸で開催し大好評だった電話リレーサービス普及シンポジウムを今年もやることになりました。
今回も以下の内容で、パネラーによるミニ講演、パネルディスカッションを行う予定です。

・電話リレーサービスとは
・日本の電話リレーサービスの現状は
・欧米の電話リレーサービスの現状は
・これからの電話リレーサービスに期待することは

【日時】11/12(土) 13:30-16:30
【場所】東京都目黒区 中根一丁目 会議室 第5会議室
東急東横線:都立大学駅下車徒歩5分
※八雲住区センターと間違えないようにご注意ください。
【定員】50名
【参加費】800円(事前申込) (当日参加は+200円いただきます)
【サポート】手話通訳、読み取り通訳、PC通訳が付きます。
【申込方法】参加申込はこくちーずからお願いします。支払完了をもって事前申込を受理します。
※定員超過の場合は申込者を優先させて頂きます。あらかじめご了承下さい。
【スケジュール】
13:00-13:30 受付
13:30-13:35 挨拶、パネラー自己紹介
13:35-14:35 「電話リレーサービスの現状と課題」 プラスヴォイス代表取締役 三浦 宏之
14:35-14:50 「ユーザーの視点からみた電話リレーサービス」 NPOインフォメーションギャップバスター理事長 伊藤 芳浩
14:50-15:05 休憩
15:05-15:45 「電話リレーサービスの現状と課題」 筑波技術大学 産業技術学部 准教授 井上 正之
15:45-16:20 パネルディスカッション
16:20-16:30 クロージング
【支払方法】
カードの場合→下記のサイトから支払い下さい。
オンライン決済プラットフォームSpyke
銀行振込の場合→
【ゆうちょ銀行同士の場合】
店名 〇二八(ゼロニハチ)
店番号 028
口座番号 8653783 ※記号は必要ありません。
名義: トクヒ)インフォメーションギャップバスター
【他銀行からの場合】
店名 ゼロニハチ
店番号 10270
口座番号 86537831※最後の1が要らない銀行もあります。
名義: トクヒ)インフォメーションギャップバスター

【問合せ先】 インフォメーションギャップバスター事務局
メール:staff@infogapbuster.org
FAX:050-1014-1851

※手話通訳、PC通訳がつきます。障がいの有無に関わらずどなたでも参加になれます。


【パネラーについて】
◆三浦宏之さん

株式会社プラスヴォイス 代表取締役。1998年にプラスヴォイスを設立。以来「通信のバリアフリーを目指して」を合い言葉に、聴覚障がい者とITに特化したサービス提供・啓蒙活動に取り組み今日に至る。「代理電話サービス」、「窓口通訳」、「コールセンターサポート」と3つの柱で遠隔通訳サービスを展開している。


◆井上正之さん
%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f20161018
国立大学法人 筑波技術大学産業技術学部産業情報学科 准教授。工学博士(1987年早稲田大学)。
同じ聴覚障害を持つ兄が米国に移住した時に電話リレーサービスの存在を知る。以来、電話リレーサービスを含めた情報通信サービスのアクセシビリティに関する研究に従事。電気通信アクセシビリティ国際標準化対応検討委員会委員、電気通信アクセシビリティ標準化検討WG委員、世界ろう連盟(WFD) Accessibility専門家グループ委員。


【主催者団体について】
NPO法人インフォメーションギャップバスターは、耳が不自由な人、目が不自由な人、外国人など、情報を得ることに困難を感じている人を支援し、誰もが平等に情報を得ることができる豊かな社会を創ることを目的とする特定非営利活動法人です。2011年に設立して以来、月1回本イベントのような定例会を開催しています。

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ, 電話リレーサービス