Information Gap Buster 特定非営利活動法人

8/29 8月定例会のお知らせ(ドミニカの現状について 〜青年海外協力隊活動を通して〜)

2013年1月から青年海外協力隊員としてカリブ海のドミニカ共和国に派遣され、青少年活動に携わる廣瀬芽里さんにお話を伺います。

【日時】2015年8月29日 (土) 13:30-16:10

【場所】東京都障害者福祉会館

【スケジュール(予定)】
13:00-13:30 受付
13:30-13:35 オープニング
13:35-14:30 JAICA活動とドミニカの現状について
14:30-14:45 休憩
14:45-15:15 ドミニカの情報格差
15:15-16:00 質疑応答
16:00-16:10 クロージング

※スケジュールは予定であり状況に応じて変更する場合があります。

※事前申し込み不要、当日参加OKです。障がいの有無に関わらずどなたでも参加OKです。

【参加費】会員:500円 非会員:1,000円

【サポート】手話通訳、読み取り通訳、PC要約筆記通訳がつきます。

【自己紹介】
廣瀬芽里さん
先天性のろう者。
2013年1月〜2015年6月まで青年海外協力隊としてドミニカ共和国にあるろう学校にて、教鞭を執っていました。帰国後は久しぶりの熱いお風呂、美味しい食事、たくさんの人に会ったりと自分へのご褒美を満喫しております。また、全国にてドミニカ共和国での経験や活動内容をお話しさせていただいております。来年1月からNGOの職員として再びドミニカ共和国に戻ります。
ドミニカ共和国での経験を面白可笑しくお話しさせていただきたいと思っています。青年海外協力隊や国際貢献に興味がある方は、ぜひいらしてください。

【参考】
ろう者女性、手話で国際貢献 ドミニカ共和国へ 東京(朝日新聞)

【問い合わせ先】[contact-form-7 id=”234″ title=”お問い合わせ”]

この記事のリンク | カテゴリ: お知らせ
当事者研究 コミュニケーションバリアフリー メルマガ購読